センターの概要

地域連携研究機構の研究施設である生物資源開発センターは、大阪府立大学と民間企業が共同でプロジェクト研究を行うために、平成4年4月に設立された機関です。本学の多岐にわたる基礎研究の課程で生まれてきたシーズと民間企業のニーズとを組み合わせて、新技術や製品の開発のための応用・開発研究を共同で行います。

人類が直面する食糧・エネルギー・環境問題などに対処するため、本センターは本学生命環境科学研究科が主体となって、バイオテクノロジーなどの先端技術を駆使して生物機能の開発とそれを活用した新しい生物生産システムの開発をめざします。本学に蓄えられてきた知識と技術を積極的に社会に提供し、その発展に寄与することは、本学の開かれた大学としての責務と考えています。

 

1. 本学と民間企業などとの共同研究のために施設と設備を提供し、研究の推進をはかります。
2. 民間企業などの研究者や技術者に対して、技術教育と研修を行います。
3. セミナーや講演会を開き、学術情報や研究情報の交換をはかります。
4. 民間企業などの研究開発にかかわる技術相談に応じます。
5. 外国人研究者との共同研究と交流の場を提供します。
6. 学生の実践教育と研究指導を行います。