共同研究のしくみ

共同研究のしくみ


1 生物資源開発センターでは民間企業から研究員と研究経費を受け入れ、本学の研究者と共同でプロジェクト研究を行います。
2 民間企業などの研究者は在職したままで、本センターでの共同研究に従事できます
3 共同研究には次の2つのタイプがあります。

  タイプ1:研究員と研究経費を受け入れて行うもの。
  タイプ2:研究経費のみ受け入れて行うもの。

※研究期間は1~2年を標準としますが、短期・長期のプロジェクトも歓迎します。
なお、特にご希望がない限り、研究プロジェクトのコーディネーターとして、本学の教員の指定させていただきますのでご了承下さい。
4 研究プロジェクトの受け入れはセンター運営委員会による審議を経て行われます
5 民間企業などからの研究者は研究料が必要ですので、その金額をふくめた研究経費のご負担をお願いします
6 共同研究の結果生じた特許権は、共同発明の場合は共同出願とし、共有となります。
また、特許権は民間企業など、またはその指定するものが、出願の日から10年以内の期間、優先的に実施できます。