活動報告

topics

第13回「探求課題:月の大きさを測る③」

内 容
月の大きさを測る観測の結果をそれぞれ報告した。大きく分けて2つの方法があった。①視直径(見える角度)を測る方法:月が視線を通り過ぎる時間を測り,地球の自転周期との関係から視直径を求めた②三角形の相似を利用する方法:視線上の月の見かけの大きさを測った。いずれの方法においても、月と地球の距離を調べて実際の月の大きさを計算してみた。ごく簡単な測定にもかかわらず 3400 km くらいのかなり良い値を得ることができた受講生もいた。
日 時
12月26日(土)14:00~15:30
場 所
Zoomによるオンライン開催