活動報告

topics

第9回「探求課題:未来を予測する方程式を作ろう③」

内 容
未来を予測する方程式の題材として日本の人口増減に着目した。まず、総務省統計局のデータから、過去から現在に至る日本の人口の変化を調査し、毎年の出生数と死亡数を確認した。その上で、人口の増減に対するルールを考え、そのルールに基づいて人口増減に対する方程式を組み立てた。さらに、少子高齢化の日本の現状を踏まえ、今後、毎年 1% の人口が減ると仮定したとき、将来の日本の人口がどの程度になるのかを予測した。また、さらなる探求課題として、受講者にとって身近な人口である大阪や堺の人口を調べるよう提案した。
日 時
11月28日(土)14:00~16:00
場 所
Zoomによるオンライン開催