Topics

topics

第112回テクノラボツアー「Society5.0に向けたIoTと生産管理」―先端技術から事例紹介までーのご案内です。

第112回テクノラボツアー「Society5.0に向けたIoTと生産管理」
―先端技術から事例紹介までー 

大阪府立大学産官学共同研究会では、ほぼ隔月の頻度でテクノラボツアーや特別講演会を実地しています。

今回の第112回テクノラボツアー「Society5.0に向けたIoTと生産管理」―先端技術から事例紹介までー 

は、政府・内閣府が中心となって進めているSociety 5.0で示される新たな価値の事例「ものづくり産業

のバリューチェーン強化 AI やロボット活用」に関して、本学教員及び企業様の生産の効率化や省人化に

つながる先端技術とその事例を紹介致します。

この方面にご関心をお持ちの皆さま方の参加をお待ちしております。ぜひ、ご参加下さい。

※ご参加にはお申込みが必要となっております。詳細は 大阪府立大学産官学共同研究会ホームページ

にてご確認下さい。( 締め切り:平成30年6月5日(火))

 

【概要】

日 時 2018年6月12日(火)14時~17時40分(17時40分より交流会)
場 所 大阪府立大学中百舌鳥キャンパスB4棟1F W103号室
主 催 大阪府立大学産官学共同研究会、大阪府立大学工学研究科
発 表 者 ・人間社会システム科学研究科 教授 杉村 延広
「Sosiety5.0に向けたIoTおよびAI技術」
・人間社会システム科学研究科 教授 岩村 幸治
「生産シュミレーションおよび研究事例の紹介」
・株式会社山本金属製作所 代表取締役社長 山本 憲吾
「ICTの活用による未来のものづくりに挑戦」
・人間社会システム科学研究科 教授 中島 智晴
「センサーデータのAI時系列分析と高齢者見守りに向けた取組」
・梅田電機株式会社 営業部 主任 若月 道陽
「生産工程における画像検査およびIoT」
関連URL 大阪府立大学産官学共同研究会 ホームページ http://liaison-osakafu-u.jp/