活動報告

一覧を見る

第18回「府大高専『ろぼっと俱楽部』ロボット企画・2021年度『修了式』」

第18回「府大高専『ろぼっと俱楽部』ロボット企画・2021年度『修了式』」

大阪府立大学工業高等専門学校「ろぼっと俱楽部」メンバー6名(2年・3年生)によるロボット企画を実施した。メンバーが作製した成人身長台のパフォーマンスロボットのデザインコンセプトから動力伝達やマイコン制御等の設計とメカニズムについて説明した後、コントローラーの遠隔操作で動く実際のロボットのダイナミックなパフォーマンスを実演し、高専ロボットコンテスト全国大会3年連続出場の実力を披露した。続いて2021年度「修了式」を行い、所長の川又修一先生(工学研究科 教授)より修了対象者に「修了証」を授与した。

» 続きを読む

第17回「コンピュータを使って、確率の奇妙な世界をのぞいてみよう」

第17回「コンピュータを使って、確率の奇妙な世界をのぞいてみよう」

直感で予測した確率と計算された確率の間のパラドックス(直感に反した事実)について、エクセルを用いてシミュレーションした。代表的な「モンティホール問題」では、乱数を用いて「3つの扉のうちの当たりの扉」を設定し、「選択した扉を変えない」「選択した扉を変える」場合に当たる確率を数値実験により求めた。当たりの確率は「扉を変えない」が3分の1、「扉を変える」が3分の2となる結果を確認し、その背後に潜む数学的な解釈を考察した。またクラス内に同じ誕生日のペアがいる確率を求める「誕生日のパラドックス」では、「クラスの人数」を変えながらシミュレーションを行った。

» 続きを読む

第16回「府大IRIS(アイリス)企画」

第16回「府大IRIS(アイリス)企画」

府大理系女子大学院生チーム「IRIS(アイリス)」第11期メンバー3名の企画・運営による実験活動「10円玉ピカピカ大作戦~調味料で化学反応を起こそう~」を実施した。古い10円玉表面を、酸を含む果汁飲料や酸と塩分を含むケチャップ、マヨネーズ等調味料で磨く実験。10円玉表面の酸化銅膜の溶け具合をそれぞれ比較し、成分に酸と塩分を含むものを使用すると、塩分による化学平衡の右移動で銅を溶かす酸塩基反応の速度が速まるため、酸化銅膜を速く溶かす原理を学んだ。連携している「堺サイエンスクラブ」受講生(小6生)28名も参加した。

» 続きを読む

お知らせ

一覧を見る